会社設立にかかる費用

大阪で会社設立するには、幾らの費用がかかるのでしょうか。
株式会社を例にして、会社設立までのおおよその目安について取り上げます。

会社設立にどうしても必要になるのは、資本金です。
昔は1000万円以上が会社設立の条件でしたが、今は1円あれば会社設立は可能です。
現物出資を利用するのならば、0円でも可能です。
しかし実際に資本金1円で会社設立となると、運営はかなり厳しくなります。
ちなみに資本金相場は、300万円前後と言われています。

また登録免許税や定款謄本・印紙代も必要です。
株式会社の場合、登録免許税は15万円かかります。
定款の謄本には2000円前後、定款に貼る印紙代には4万円もかかります。
ただし定款を紙ではなく電子定款にするのなら、4万円の収入印紙はかかりません。
しかし電子定款を自身で作成する際、ソフト・ICカードリーダーなどで4万円以上の費用がかかってしまいます。
もし自身で電子定款を作成するのならば、電子署名や申請方法をじっくり調査してからにしましょう。

そして会社設立には、実印もなくてはならないものです。
既に実印を持っているのならば、その実印を使用することは可能です。
でも会社設立時に使用することを考えるのならば、新しく作った方が良いでしょう。
もちろん印鑑証明書も、会社設立には必要です。
印鑑証明書そのものを準備するのにお金はかかりませんが、一応頭に入れておいて下さい。

株式会社ではなく合同会社を立ち上げる際の費用の場合、もう少し抑えることはできます。
準備に手間もかからないので、ハードルは株式会社と比べて低くなっています。
それでも、さすがに0円での設立は不可能です。
最低限登録免許税の6万円は必要になります。
簡単と言われている合同会社でも、設立準備のためにしなければならないことは山積みです。

ただしここで取り上げた会社設立費用は、あくまでも必要最低限額になります。
実際は幾らの費用がかかるのかについては、専門家に直接相談するようにして下さい。