会社設立に関わる3人の専門家

会社設立の手続きは簡単にできるものもあれば、難しいものもあります。
難しいものになると1人ではどうしようもなく、専門家に頼むしかありません。
しかし何の専門家に頼めば良いのか、分からない方も多いでしょう。
そこで会社設立の時に頼りになる専門家について、取り上げます。

会社設立の相談で訪れる人が多いのが、おそらく税理士でしょう。
税理士に頼めば取り敢えずなんとかなると、考えている方も多いかと思います。
しかし税務や決算時には確かに頼りになるものの、会社設立に関しては専門外になります。
事業計画書や定款作成の手伝いは引き受けてくれるものの、手続きに関してはご自身で行わなければいけません。
ただ税理士は会社設立前はもちろん、会社設立後もしっかりとサポートしてくれます。
司法書士や行政書士などの専門家と比べると、長い付き合いになるでしょう。

会社設立の登記については、司法書士の右に出る者はいません。
会社の登記申請代行を行えるのは、司法書士のみです。
税理士や行政書士は代行で登記申請を行うことは、できなくなっています。
会社設立に関する書類や手続きに関しては、司法書士に頼めば間違いはないでしょう。
ただし税務や決算については、専門外です。
経理について司法書士に相談しても、良い答えは返ってきません。
経理については司法書士よりも、税理士の方が頼りになります。

法務局へ登記申請が降りれば、会社設立は取り敢えず完了です。
しかし事業によっては、許認可手続きが必要になる場合もあります。
許認可手続きが終わらなければ、事業を始めることはできません。
許認可を取るのに頼りになるのが、行政書士です。
ただし行政書士は、税理士のように税務の知識はなく登記も専門外になるので要注意です。

会社設立の専門家には、税理士・司法書士・行政書士がいます。
しかし会社設立に必要な手続きや準備を全てカバーしている専門家は、いらっしゃいません。
大阪で会社設立を頼む際には、3つの職業の連携が取れている所へ頼むようにしましょう。