会社設立の代行サービスは確かな所を

「会社設立は簡単にできる」と、言うのは簡単です。
しかし実際に設立するには、法務局への登記申請・自治体の届出・事業のための許認可などが必要です。
会社設立のためにやらなければならないことは沢山あり、一息ついている暇もありません。
そこで利用したいのが、会社設立の代行サービスです。

会社設立の代行サービスでは、どういうことを行ってくれるのでしょうか。
残念ながら、会社設立のための書類準備・届出を全てカバーしている訳ではありません。
例えば大阪にある会社設立の代行サービスでは、事業計画書作成・定款作成は受け付けてくれます。
しかし、登記申請や自治体への許認可までは受け付けていません。
これは何も意地悪で受け付けていないのではなく、法律上できないことになっているのです。
司法書士以外、登記申請を代理で行うことは許されていません。

では司法書士に何もかも全て任せた方が良いのかというと、何とも言えないのが正直な所です。
会社設立の代行を頼むのならば、司法書士の方がてっとり早いのは事実です。
しかし司法書士でも、何もかも全てカバーしているという訳ではないのです。
会社登記申請に関しては司法書士はとても頼りになりますが、会社設立後の会計については全くの専門外です。
資金の流れについて相談しても、何の解決にもならないでしょう。
それぞれの職業には、それぞれの役割があります。

だからもし代行サービスを利用するのなら、司法書士・税理士・行政書士が在籍している所を選ぶようにして下さい。
仮に在籍していなかったとしても、司法書士などの事務所と連携が取れている所を探しましょう。
最近は、質の悪い代行業者も増えてきています。
相談したら実は素人で、会社設立の「か」の字も知らない人ばかりだったという話は、珍しくありません。
会社設立は人生をかけた一大イベントです。
失敗は絶対に許されません。
そのためにも会社設立の代行サービスには、確かな所を選んで下さい。