会社設立の際に支給される助成金

大阪であろうがなかろうが、会社設立にはお金がかかります。
会社設立のための資金を既に確保しているのならば、関係ない話かもしれません。
しかし実際に資金を確保できている人は、あまりいらっしゃらないでしょう。
そこで利用したいのが、助成金です。
条件さえクリアしていれば交付され、返済も必要ありません。
ではどのような助成金を受けることができるのでしょうか。

まずは受給資格者創業支援助成金です。
以前に会社に勤めていたものの何らかの理由で退職し、自ら会社設立に乗り出す人のために支給される助成金です。
失業者の自立を支援するために定められました。
条件は設立者が雇用保険受給資格者であること、3ヶ月以上事業を行っていること、会社設立1年以内に社員を雇い雇用保険に加入していることなどがあげられます。
支給対象経費は法人登録手続き費用・社員募集にかかる費用・事務所の賃貸料も含まれています。

次に紹介するのが、中小企業基盤人材確保助成金です。
会社設立の際に、新たに人材を雇う場合に支給される助成金です。
助成金の額が大きく手続きも簡単にできることから、人気がある助成金となっています。
条件は雇用保険制度に加入していること、自治体から改善計画の認定を受けた中小起業であることです。
そして会社設立に300万円の経費を使い、適切な雇用管理が行われていることも条件に含まれています。
また基盤人材や一般社員を雇い入れるのも、中小企業基盤人材確保助成金を受ける条件です。
基盤人材とは年収350万円以上で、専門的な知識や技術を持っている人材です。
また部下を指揮・監督する人材、店舗マネージャー・営業部門リーダーなども基盤人材の1人です。

助成金は誰でも必ず受けられるという保証は、残念ながら何処にもありません。
でも助成金制度を知っているだけでも、会社設立の手助けになるはずです。
会社設立に向けて動きつつも、どういう助成金があるのかも確認するようにしましょう。