起業家のための大阪で受けられる補助金

大阪では、大阪で会社設立をして起業をする人をサポートする体制が整っています。
中でも注目したいサポートは、補助金でしょう。
では大阪で会社設立をした場合、どのような補助金が受けられるのでしょうか。
また補助金を受ける際の注意点についても取り上げます。

大阪では「大阪起業家スタートアップ補助金」として、大阪で起業する人のための補助金があります。
一応の条件はあるものの、大阪で起業を考えているのならばクリアしているので問題ないでしょう。
ただし誰でも簡単に、補助金を受けられる訳ではありません。
補助金申請時にまだ会社を設立していない場合は、交付決定の翌日から数えて1年以内に創業することです。
また年度毎ごとに、設定した売上目標を達成することも条件の1つです。
条件が厳しいと思うかどうかは、人それぞれでしょう。
ただ補助金が支給されるからとは言え甘えてしまうと、事業が成功する率は低くなるでしょう。

補助金を受ける際に注意したいのは、メリットが大きくなればなるほど競争率は高くなることです。
起業を考えている人にとって、返済不要の補助金は喉から手が出るほど欲しいものです。
メリットが大きい補助金を受けられる人は、僅か数%しかいません。
補助金はあくまでも、”補助をするためのお金”です。
補助金目当てで会社設立を考えているのなら、交付される確率はかなり少なくなるでしょう。
少しでも交付に結びつけるには、しっかりとした事業計画が必要です。
また「補助金があれば自己資金は必要ないだろう」と思われるかもしれませんが、大きな間違いです。
補助金は実際に使った経費を計算した上で補助金額を申請するので、自己資金がなければ補助金を受けることは不可能です。

大阪は会社設立のためのサポート体制が充実しており、申請すれば補助金を受けることも可能です。
補助金を受けるには、大阪だけでなく社会全体の役に立つような事業が絶対条件となります。
会社を立てて、大阪で何をしたいのかを今一度よく考えて下さい。